グリーンのある暮らし

住む人のライフスタイルに寄りそう住宅メーカー「イシンホーム広島」とウインクが、おうち時間がもっと好きになる暮らしのコラムをはじめました。
今回はグリーンのプロを招いて、「マネしたくなる理想の広島暮らし」をテーマにした心地よい部屋づくりのヒントを教えていただきました。

01.リビングにコウモリランを飾ってインパクトのあるお部屋に

インテリアプランツとして人気の「コウモリラン」。日差しを好むので、リビングの大きな窓やピクチャウインドウからの日差しが当たる場所にハンギングして。普段の水やりは霧吹きで十分だから、手が届きにくい場所でもケアが簡単。存在感のあるグリーンは、思い切って一番目立つ所に飾ると部屋のアクセントになりますよ

02.湿気を好む植物を脱衣所のアクセントに

近年、大流行中のエアプランツ。中でもおなじみの「キセロ」や「ウスネオ」は、直射日光を必要としないうえ、空気中から湿度を取り込んで育つため、脱衣所など湿度の高い場所に置くと◎。
「エアプランツの水やりも霧吹きでOKです。でも蒸れた状態が続くのも植物によくないので、窓を開けるなどして風通しをよくしてくださいね。

03.玄関にユーカリ混のスワッグをつるして消臭

数種類のグリーンを束ねた「スワッグ」。玄関にユーカリを使ったスワッグを飾れば、空間が華やかになると同時に消臭効果も期待できます。ユーカリは1年以上香りが持続するので、にしてもいいですね。鉢植えや生花などと合わせてコーディネートすれば、互いの存在感が引き立ちます。

緑に囲まれた彩ある空間

シンプルで生活感のない部屋にも憧れるけど、どこか物足りなさを感じる。そんな時は、置くだけで絵になるグリーンを飾ってみてはいかがでしょう。いつもの部屋にグリーンが加わるだけで、思わず顔がほころぶあたたかな空間に変身。心地よい暮らしのために、今すぐ真似してみませんか?

今回、「イシンホーム広島」千田モデルハウスの空間コーディネートをお願いしたのは、井原市のグリーンストア「なかの商店」。ドライフラワー、生花、鉢、エアプランツを使った緑あふれる空間を提案してくれました。植物の植物の美しさと元気を保つには、光・水・空気の流れが必要。日当たりがよく、空気循環システム「エコアイ換気」を搭載したイシンホーム広島の家はグリーンにも嬉しい環境ですね」と店主の中野さん。それぞれの個性や性質に合わせて飾る場所を変えることが、グリーンを長く楽しむ秘訣だと言います。